アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

こっちの顔

clubhouseでの活動が広がると、付き合う人たちが変わる。

特に、最近は仕事が忙しくて、プライベートで飲みに行く頻度も少なくなった。←ウソ

今夜は久しぶりに制作スタッフたちと少し早い忘年会。

ふだん報道の仕事でお世話になっている仲間たちだ。

20代から、上は60代まで。

このメンバーのほとんどが、私のことをベテランナレーターさん、だと思っている。

うっかり女王であることや、clubhouseでコミュニティを持っていることなど知らない。

そのあたりを特にアピールする必要もないので言わないが

もしかしたら、そのあたり、もっと言いふらしても良いのかな?

いま、その報道番組のデスクの1人の声のコンサルをしていて

彼は彼で、いま、私の飛び蹴りによって新しい世界に踏み出している。

私は、彼が実は「ボイスオーバーをやりたい」と言っているのを聞いて

みんなに言いふらしている。

今日も飲み会の席で

「ボイスオーバーうまいよね!やりたいって言ってたよ」

と言うと

「そうなんですよ、うまいですよね」と同意してくれたので

ついでに

「昔はアナウンサー志望だったんだよ」

という話も付け加えた。

これで彼に対してのイメージが「元アナウンサー志望のセリフが上手いデスク」となるわけで

なにかあれば声がかかるはずなのだ。

ということは

私ももっと自分の話をしたら良かったのかなぁ?

いやいや、違う。

私はやっぱりこういう場でも、みんなのトークを回すのが1番良い役回りで

喋りたい人の話を聴いてあげるのが良いのだ。

なかなか無い機会だし、と2次会までいき

「へー」という話も聴けて楽しかった。

私の顔はどちらが本当なのだろうか?

原稿に口出すうるさいナレーターですが

これからもよろしくね。

 

こちらの記事もぜひ

プライベース!

初潜入!正雀車庫

コメントを書く