アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

リニューアル

今日が「newsおかえり」の仕事始め。

7階の報道フロアに行くと、、、

おぉ、風景変わってる!

年末年始の休みの間に、フロアのリノベーションがあったのだ。

とはいえ、私たちナレーターの席はさほど変わらず。

ただ、ほかのディレクターたちは、毎日色んな場所で仕事をするシステムなのだそう。

毎回しっかり片付けて帰らないといけないわけで

確かに、その方が気持ち良いし、仕事の効率が上がりそう。

さて、番組じたいは昨日からスタートしているが、当然話題はほぼ地震。

古川アナウンサーはずっと輪島に取材に入っている。

私はボランティア活動をしていたのでわかるのだが

現地にいると、自分の「やるべき任務」と、なにも出来ない歯痒さの間で心が押しつぶされそうになる。

東日本のとき、私はボランティアの拠点である遠野市に宿泊し、毎日1時間かけて、被害の大きい地域に行って活動していた。

この1時間の移動時間が、継続活動に大きく影響する。

気持ちの切り替え。

そこに居ることしかできない人たちと、それを支える人たち。

この二者は同じ状況で生活して「共感」する必要はなく

エネルギーを補充できる人は、その人の置かれた環境の中で補充し、またそれを枯渇している人に分ければ良いのだと思う。

でも、この割り切りは、現地に行くと難しいよね。

ふるぽんアナは仲良しなだけに、心が弱くならないよう、気をつけてほしい。

ところで、私は年末に発熱して以来、鼻声なのだが

相方ナレーターはもひとつ酷く、声がひっくりかえる症状だそう。

今日は新年で明るい話題もあったが、テンション低い(⌒-⌒; )

私も、朗読会が14日なので、それまでになんとか治したいところ。

今夜は公開稽古3回目。

前回からあまり声を出しての自主練できていなかったが

黙読でのイメージなどでなんとか上積みはあったかな。

シャウトするシーンがあるだけに、声をなんとか戻さねば。。。

本番当日、VIPのお客様にはこんなご案内をお送りする。

楽しんでもらえると良いな。

こちらの記事もぜひ

いざ、アビチャレ!

前のめり

お土産たのし

コメントを書く