アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

初心忘るべからず

神戸のスタジオに行った。

少し早めに到着すると

「お疲れさま!ちょっとそこで待ってて」

どうやら前の録音が押しているらしい。

隣の部屋で待っていると・・・

「違う。それじゃ全然元気がないじゃない」

「あなたは、前のセリフを引きずってるのよ。切り替えて」

「子供たち、皆喜んでるでしょ。もっと盛り上がって」

「うまくやろうなんて思わないでいいのよ」

などなど・・・ディレクターさんのアドバイスが飛んでいる。

おお~誰か知らぬが鍛えられてるのぉぉ~
次は自分の番だと思うと緊張が高まる(^_^;)

「そうよ、それ!オッケー」

ようやく終わって、ふらふらになって出てきたのは20代前半?の女性。

実は初めて子供番組の進行役として出演し、
初めてナレーションを録音したらしい。

アナブースに入ったのも初めて。
カフってなあに?ポーズってなあに?

そんな状態で、でも、ディレクターさんに指導してもらいながら
一生懸命頑張ったらしい。

スタジオから出てきたその子の最初の言葉は

あは。私が言うと全然真実味無いや(笑)

ブースの中ではきっと泣きたいくらいだったろうけど

「色々教えていただけて・・・有難うございました!」だって。
さわやかだなァ。。。

「とよばあ、彼女に録音立ち会わせてあげてね」

げっ?!
ディレクターさんに頼まれて冷や汗。
大丈夫か?私。

ゴルフでティーショットの時にギャラリーがいると、必ずダフってしまうタイプである。
さっきのアドバイスじゃないが
妙に「うまくやろう」としてしまって失敗したりして~(*_*)

結局、ブースに入ったら、彼女のことはすっかり忘れていた。
・・・っていうくらい部分的にチョー巻きで必死だった(笑)ってのが事実だけど。

録音の後、その子に色々質問されて
あー前向きで素敵だな、って思った。
勉強をしてないわけでなくて、勉強するべきかどうかを知らなくて、勉強の方法も知らない・・・
そんな状況なのだろう。

厳しい駄目出しをいっぱいもらって
今は悔しくても、いつか「あーあのディレクターさんのおかげだな」って思うんだろうね。

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く