アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

やや持ってる寄りの女

あれは6月初めの頃だった。

語座の仲間から公演情報が入った。
最近の語座は、小屋が小さい上、師匠が出演するとなるとあっという間に売り切れる。

下々…特に大阪の私に公演情報が届くのは

「売り切れた」

との話ばかり(笑)

ただ、今回はまだ少し残っていたので
スケジュールを確認!

久しぶりに観に行くわ!

と、申し込んだのであった。

さて、東京まで公演のためだけに行く。
それは過去にもなんどもやっているので抵抗はないが
この日、私はふと。ほんとに、ふと、思いついて…
知り合いの制作会社の社長にメールした。

24日にプライベートで上京するので、その前後に何かあったら~~という、軽い営業メールです(笑)

私はこう見えて営業下手で、仕事に関しては基本受け身(^_^;)
飲みの誘いやオネダリはナンボでもできるが。

さて、すごく勇気を出して送ったわけでもないメールだったのが、なんと展開を見せた。

「下間さん!持ってますねー!23日にお願いしたい案件があります!よろしくお願いします!」

おぉーーーー!
これはいよいよ私にも運が向いてきた!
持ってる!うん持ってるぞー!

みごと、1泊2日の仕事からの公演観覧と相成り…かけたのも束の間。

やはり「持っていなかった」現実が。

「すみません!クライアントの都合で22日になりまして…スケジュールいかがでしょうか?」

ガーン

22日は朝から収録、午後は講師の仕事が。
でも…

ダメ元で調整してみましょうかねぇ…
いや、男らしく諦めましょうかねぇ…←悩んでる時点で男らしく無いが

すると

「女々しいので調整お願いしたいです!」

なんとも有り難い粋な返答が。

そうだ。
このご縁はダメ元の上に成り立っている!←ナンノコッチャ?

ということで、二つのお仕事先に事情を伝え
協力していただけないか、お願いしてみた。

もちろんそんな簡単には運ばず
数日待って、更に時間調整もしていただいて

22日行かせていただきます!

滅多にしない営業をして、あげく皆さんにご迷惑をおかけして得たお仕事。

「持っていない女」は実はいつも周りの皆さんに助けられて
「持ってる寄りの女」になっていることを再確認したのだった。

さて、この「持ってる寄り」には更に続きがある。

前々から「参加してね」と言われていた
東京の某プロダクションのボイスサンプル収録日が
たまたま24日になったのだった。

これも、最初「17日にやります」と連絡があって

1週間違いか…苦笑

だったのが、変更になった。
これはツイてる!と素直に天に感謝。

「僕は運が良いのではなく、宇宙のリズムと合っているだけで、神様から与えられたおもちゃで遊んでいるだけです」

これは私をボイスサンプル収録に誘ってくださった方の言葉。

売れっ子で、循環の良い方の考え方は
なるほど、と感心してしまう。

おもちゃをどうやって楽しむか?

それが、個人個人のセンスに関わってくるのだろうな、と思った。

この「持ってる寄り」劇場。
明日からが本番です。

リハ無し!
自分の役回りをいかに完遂できるかが勝負。

おまけの持ってるネタ

父の日にどら焼きをわざわざ住吉さんまで買いに行ったとFBにアップしたら
知り合いの女性が
「八尾の桃林堂も美味しい」と教えてくれた。
その翌日。

うっかりBARに友達が来て、おすそ分けしてくれたのがこれ。

いただにもの
じつは、食べちゃったけど、桃林堂のどら焼きもくれたのだった。

彼女はFBを読んでいない。

偶然にしては・・・でき過ぎ(笑)

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く