アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

顔に出るタイプです

年々わかりやすいほど感情が顔に出るようになってきた。

これを歳のせいだと思いたくないが
ある意味、正直に素直に顔に出るのはいいことな気がする。

昔は無表情で、心の中の想いを外に出さず
クールなふりをしていた。

でも、表現者としてはそれだとダメで
もっと心を開放して、他人にもわかるように表してこそ伝えられると思うのだ。

だから、昨今の私は

「顔芸」を大切にしている。

口先だけではなく、顔の表情で、楽しさ、悲しさ、怒り、驚きを表現し
声の中にもそのニュアンスがしっかり出るように。

指導しているとそのことがとてもよくわかる。

笑顔でも目が笑っていない人の喋り。

途中は感情が入っているのに文末までもたず、無表情になったときの「~です」の言い方。

最後まで気を抜かない心からの喋り。

ナレーションしているときだけでなく
本気で感情が顔に出てしまう。

練習・・・おろそかにしてるな。

そう見抜いた瞬間
たぶん自分でもわかるほど怖い顔してると思う。

部屋中に緊張感が漂い始める。

でも
お!頑張ってるな~

と思った瞬間、いつもの自分に戻って、笑わす。
みんなも笑う。

いつも笑わせてよね~(笑)

先日いただいた萩焼のカップ。

夫婦茶碗

すごくいい色で気に入った。
お茶も焼酎もとても美味しくいただけます。

ありがとう。

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く