アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

リクエスト

「どんなリクエストにもお応えします!」

などと大それたPRをしているが
実際のところ、そんなに色々リクエストされることはない。

結局、私の声質に合う仕事が来るわけだし、
例えば可愛い感じの喋り方を求めるなら、若くて可愛い声の子に頼む。
私だって可愛い感じの声も出そうと思えば出せるけど~

だから、自分なりに考えて、少し違う調子で読んだりしても
「やっぱり下間さんの素の声でいきましょう」
って言われて、
あ、それでいいのか。
と、納得する。

さて、前置きはこれくらいにして・・・

ナレーションをするとき、
基本的には、
まず、自分の一番「普通の感じ」で読んでみる。
それに対して、
もう少し力強く、とか、明るく、とか、さわやかに、とか、淡々ととか、
監督さんから指示されて、徐々に形にして行く。

でも、ある監督さんからのリクエストは・・・

思わず
「失礼しちゃう~!どういう意味よっ」

そしたら監督さん、慌てて
「いやいや、声の話ですよ!」

もちろん、冗談で私も突っ込んだ訳だけど、
まあ、最近、お肌の乾燥甚だしいからね(笑)

沢山リクエストくれて、必死にそれに応えたいと思う。
そんな仕事って有難い。
次はもっとスムーズにできるように、喋りの幅を広げなきゃ。

こちらの記事もぜひ

前のめり

お土産たのし

コメントを書く