アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

楽しいオマケ

オマケ

という言葉が好きなんだなぁ?(笑)

昨日の巨人師匠との出会いも
楽しい宴のオマケだった。

そして、今日のオマケは、、、

ある資料館?のナレーションなのだが
わたしは全体のナビゲーション。
途中、アニメーションが入り、役者さんが物語を語る。

収録が無事終わったところで、ディレクターさんがアナブースにやってきた。

「ごめん、ちょっと頼みが」

はい、なんでしょう?

「このアニメのシーンで、ガヤの台詞お願いできるかな?」

観ると、なんちゅーことはない。
村人が大喜びするシーンである。

はーい、いいですよ。

なんとなくのイメージで
「わぁー!」「やったー!」「すごい」

というような女性の台詞を言ってみた。

「もうひとつ、声変えてやってもらえる?」

はーい

今度は低いオッサンのような声で(笑)

「おぉー!」「よし!」「やったぞ」

って、こういうオマケの収録が楽しいのだ(笑)

昔はキャラボイスがやりたくて仕方がなかった。
今もたまに台詞があると嬉しくて仕方ない。

こういうリクエストはウェルカム☆なのである。

ありがとうございました!

さて、素敵なクリスマスプレゼントをいただいた。

プレゼント

ファンデーションを伸ばすブラシ。

すごく肌触りが良くて気持ちいい。

で、思い出した。

梶井基次郎の「愛撫」という小説。

愛猫の前足で化粧をする女が出てくる。

あれみたい。肌触りが。

そして、うちのサワラちゃんも、わたしの顔をよくアンヨでペタペタする。

猫の手

猫の手の化粧道具(笑)

素敵なプレゼント、ありがとう?

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く