アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

卒業のとき

ABCテレビ「キャスト」のナレーションは、ニュースと、その日のメインの問題、特集、芸能コーナーなどがあり

コロナ問題が始まってからは、たいていコロナの長いVTRのナレーションを頼まれる。

今日、出勤すると、コロナ以外のもうひとつ「消えた年金」問題の特集のようなVTRのナレーションを頼まれた。

あれ?これもわたし?

「はい、15分後に録りますんで」

A本さんに言われた。

もうひとつ短いVTRとアバンが相方のナレーターさん担当となったので、なるほど、と理解した。

で、下読みしていて「あ!」と思った。

この消えた年金問題の話は、A本さんが以前取材したニュースで、続報だったのだ。

要するに、彼の記者としての大切な案件とでも言うべき。

「録音しまーす。」

呼びに来てくれて彼が言った。

「僕の卒業作品みたいなもんです」

うん、そうだね。このタイミングでこんな展開になったなんて。ある意味丁度良かったね。

簡単に言うと

かつて問題となった消えた年金問題で発覚し、年金を取り戻すことができたお婆さん。ところが1年前、突然「あれは間違いだったから返金してくれ」という連絡があった。そして、コロナ真っ只中の4月28日に、とうとうその通達決定を一方的に送りつけてきた

というもの。

A本さんが継続取材していたのだった。

私はこのA本さんの必死感がなんとなく好きだった。文章の間違いが多くて困る面もあるのだが、熱い取材をやってきた現場人間なのがわかる。

その彼が7月に移動することになった。

なので、話は元に戻るが

「僕の卒業作品みたいなもんです」

という言葉を聞いて、すごく寂しく、ちゃんと読まなきゃな、と思った。

生憎、声の調子が悪くて結果的にはイマイチなナレーションになったが(笑)

オンエアでは、A本さん自身がスタジオで顔出しし、この問題について説明していた。

相方ナレーターと私は、それをテレビで見ながら

「A本さんて、ゴリ顔やな」

と、笑い、テロップのプロフィールを見て

「えーーーそうなん?フランス支局?!イメージ違う」

と、失礼な発言をして楽しんだ。

まだあと2回、ご一緒するのだとは思うが、コロナで送別会もできないので、もう少し合間に話して、A本情報を仕入れてみよう。

って、どんだけ興味あるねん(笑)←あ、あくまでも人間として、の話

さて、仕事終わりで俳句の先生に電話。

18時から始まっている句会の進行具合によっては合流しようかなー、どーしよーかなーと悩んでいたのだが

「京町さん、今日トップだよ」

という言葉を聞いて

今すぐ行くわ!!!(笑)

この句会では初のトップ。

タクダッシュした。

めでたい奇跡のトップ。ということで、泡で乾杯し、すっかりご馳走になってしまった(笑)

特選句はこれ。

虫干しや正倉院展中止です 京町

「プロのレベルの俳句だったよ」先生評

そのほか

新しき日常茄子は反り返る

木蝋の炎揺らして虹渡る

臨終の目は見開きて蛍消ゆ

会う理由を作りてすもも熟れてをり

もう一度作り直す必要のある句もあるけれど、合計点でもトップ。

あざーす。奇跡!

こちらの記事もぜひ

阪急電車神戸線

野生

コメントを書く