アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

自動放送の極意

朝から阪急電車の車内放送の収録だった。

去年秋の京都線から始まり、夏に神戸線を収録。

そして今日は北千里線と今津線。

私がしょっちゅう乗っている淡路-天六路線の放送も。

ゆえに、、、自然と力が入る(笑)

特に「柴島」とか「天神橋筋六丁目」とか!

終了後、電鉄の方とお話していたら

「もう京都線の放送を録音してYouTubeにアップしている人がいますよ!」

へぇー。鉄オタさんたちはマメだなぁ。

「上品なアナウンスだって好評みたいです!」

それは嬉しい(≧∀≦)

車掌さんの味わい深いアナウンスファンも多いと思うので心苦しいところもあるけどね。

自動放送の声のファンが増えると良いなぁー。

一方、電鉄のアナウンスといえば、やはり京阪電車のホーム!

今朝、京阪コンビの相方さんからLINEがきた。

ABCの塚本アナが、昨夜のラジオの中で私たちの話題をしてくださった!らしい。

「キャストのナレーターの男女が京阪電車のホームの声をやっている」

という話だった。

で、その話題の中で

阪神電車の自動放送が、長い文章になるとトーンがバラバラのせいで違和感がある、、、という塚本アナのご意見が。

うんうん。言いたいことわかるかも!

自動放送は色んな言葉を単体で収録して合体させていくことが多いので、ナレーターのモチベーションがちゃんと安定していないと、読み始めと最後のあたりで変わってしまう。

そして、合体させたとき、顕著に違和感が生じてしまうのだ。

数年後に追加録音するときなども要注意(⌒-⌒; )

前とトーンを合わせることができるか?

これがナレーターの実力の見せ所でもある。

私もちょいちょい苦労してるよ〜。

 

阪急電車の収録はあと宝塚線を残すのみ。

立ち合いをしてくれる電鉄の方は、以前、宝塚線に勤務していたそうなので

次回は駅名の読み方に指導が入るんじゃないですか〜!?

と、みんなで笑った。

お住まいの駅名をずさんに言われるのはみんなイヤだもんね。

どの駅名も大切に読んでますよ〜

ところで、帰宅後、さっそく阪急車内放送のYouTubeを探してみたら、1.2万回も再生されていた!すごっ!

そして、とても綺麗に録音されているのに驚いた(笑)どうやって録音してるんだ?

コメント欄には「上品」とのご感想も。

ありがとうございます(^^)

美しい夕焼け。

そういえば今夜は獅子座流星群が見られるんだって。

わたしは、、、寝ます(笑)

 

こちらの記事もぜひ

うっかりBARは中央区

見た目に耐える

痛みに耐える

コメントを書く